健康であっても

甲状腺ホルモンの測定血小板検査好酸球数の

糖尿病を見つけるスクリーニング検査では多くの人は二三カ月もすると、そういう不安を持っていたことさえ忘れてしまったように、元気になっていきます。私はそれを見て、とても嬉しく思っています。ただピルやHRTを服用するだけではなく、症状をもたらした生活を見つめ直し、食事や運動、ストレスを避けるなど、自分に合う方法で自分の体をケアすることも大事です。ストレスの原因を取り除いたり、主体的に生きる方法を模索したりすることが基本なのです「自然のままが一番いい」と言えたのは昔のことで、すでに現代人はかなり不自然な生き方をせざるをえない環境におかれてしまっています。産む子どもの数も少なく長生きですよね(女性にとっては、たくさん子どもを産み、早く死ぬのが自然な生き方でした)。健康法に則した食事改善をするとガン細胞の周辺に当てる内部照射と

健康第一などとはいっていられないでしょう

ガン検診細胞診子宮体

ですから、生活の質を落とさずに長い人生を健康に生きるために、ピルやHRTなど役に立つ健康維持の方法を見つけることはとても大事です。「ホルモンは悪いもの、恐いもの」という古い先入観に縛られることなく、年齢に合わせて女性ホルモンを手に使いこなし、元気に過ごす方法を、ぜひ皆さんに知っていただきたいと思っています。HRTを受けるにあたって行う一般的検査一式□子宮頸ガン検診(細胞診)□経膣超音波検査□血液検査□血圧チェック□ホルモンチェック(生殖期)初経妊娠·分娩·授乳閉経後の三〇年をどう生きていくか日本女性は、戦前までは、今や世界一の長寿となりました。女性の寿命は五〇歳に届かず、閉経の頃には子どもを育て終わり、それとともに寿命がやってくるのが普通でした。しかし、今は閉経してからも三〇四0年も長く生き続けることになりました。

予防できません

氣が変わると同時に、オーラも当然增拡します。ですから、古来どの宗教でも、合掌したのでしょう。を感知できる知覚がありました。人間の知覚は、時代を重ねるに従いどんどん退化しています。253分こころを鎮めます。これも知らず知らずに、氣を浄化してい私は毎朝、祝詞を上げる前に合掌し、ることだったのです。時間もお金もかからない、すばらしい方法です。

病気になってしまうでしょう

一日、何回でも行なってください。心身一如です。体も心も清浄にすれば、病氣になることはありません。「循環」こそ宇宙真理のキーワード大自然を観れば、真理は一目瞭然です。大地の水分が蒸氣となり、それが雲となり、やがて雨となり大地に降り注ぎ河は海に流れ、それはまた空中へと戻ります。還元されています。余談ですが、「蒸氣」も「空氣」も前述した「氣」なのです。
病気の総称です

治療が急がれる場合★その患者さんの治療歴から

病気は、その人の生き方の偏りを警告してくれています。まずは生き方を見なおすこと。そして血流をよくして免疫力を活性化すれば、その症状は自然と収まり、病気が治り、再発を防ぐことができるのです。医者や薬に頼らない生き方高齢者が飲んでもいい薬は一つもない高齢社会になって、医療費がどんどんふえています。近所の病院はもちろんのこと、大病院にも、待合室ではお年寄りの姿ばかりが目につきます。高齢者にとっては、健康が第一の関心事になります。

網膜剥離や緑内障を引き起こすこともあります糖尿病の治療を行い

しかも、現役時代のように会社に行くわけでも忙しいわけでもなく、病院に行く自由な時間もあるので、ちょっと調子が悪いとすぐに医者に行くのでしょう。薬をもらえば安心するのです。しかし、薬というのは根本的に病気を治すわけではなく、熱があったら熱を下げる、止めるというように、基本的には症状を緩和させる効果だけなのです痛みがあったら痛みを同じ薬であっても、若くて元気がある人が飲むのと、からだの弱った高齢者が飲むのとでは、からだへの負担がまったく違います。高齢者にとっては、薬自体が大きな負担になるのです。あまりにも腫れがひどい痛みがひどいといったケースでは、仕方なく1、三日飲んでもいい薬はありますが、慢性的に飲んでいい薬などというものはありませんところが、日本の医療では高齢者になればなるほど薬を処方しています。血圧を下げる薬、コレステロール値を下げる薬、腰痛の薬、糖尿病の薬、痛み止め、さらにはそれに付随して胃腸薬などさまざまな薬をもらって、高齢者は毎食後それらを飲むのです。