一日でどれくらいの客を取るのだろう

ピンサロにいくセックス時の余裕に違いが出てきますえますひセックスに至って

そう考え始めました。その頃からアダルトビデオを見て、セックスを勉強というか、研究するようになりました。どうやって服を脱がせ、キスをして、オッパイやお尻を触るか??どんな感じで女性のアソコに指を入れるのか?どうやって挿入するか?どんな感じで腰を振るのか?自分の中で、何となくセックスの仕方が出来ました。正しいか間違っているかはわかりませんが、アダルトビデオを見て研究しました。これは、多くの日本人男性がそうだと思います。アダルトビデオを見て模倣したセックスを愛する女性にする。これが今の時代の常識です。親や大人に質問や相談は出来ず、学校性教育の授業はおざなりで教師も逃げ腰。誰も教えてくれない。だから、セックスのやり方はアダルトビデオで研究するしかない。そして、ある時気がつくのです。
「あれ、俺のセックス、なんか違うみたい。女性が痛がってるのをガマンしてるみたい…?」私はこれはもう社会問題と言って良いと思います。性という人間の根源的な欲求や興味の目覚め、思春期という大事な時期に抑圧を教わります。セックスのことは話題にしちゃいけないと学びます。そしてアダルトビデオで勉強した結果、痛い、気持ちよくない…日本人の晩婚化、離婚、セックスレス、少子化…
これらの問題の何割かはこのアダルトビデオによるセックスへの洗脳があると思います。
もし、日本人男性のセックスがもう少し上手いならこれらの問題はこにまで深刻化しなかったかもしれません。夫婦仲も良く、セックスも増えて、出生率も増えたかもしれません。これでお分かり頂けたかと思います。日本人が世界的にセックスがあまり上手くないと言われるのはこんな社会背景があるからです。アダルトビデオの悪い洗悩から抜け出すことが、男女ともに気持ち良い本当のセックスをするためにまず必要なことなのです。Gスポット潮吹き、イマラチオ、フェラチオ、のような間違ったセックスから抜け出して欲しいと思います。アダルトビデオでは大量の水を女優さんに飲ませて無理矢理潮吹きをさせるといいます。男優さんの愛撫も見た目重視のため乱暴になりますので、潮吹きの前から最中まで痛いと言います。そして、イマラチオのような暴力的な行為を喜ぶ女性はまずいません。これらのアダルトビデオの悪い洗悩とイメージから抜け出しましょう。
また、フェラチオに関しては若い人ほどあまり抵抗感は無いようですが、相手の女性が嫌がっていたら強要することはやめてもらいたいと思います。フェラチオはアダルトビデオの影響か、かなり一般的な行為となりつつあります。しかしそれでも性器を口に入れるという衝撃的な行為であることには違いありません。どうしてもフェラチオ好きでたまらない場合、相手の女性にお願いしてすすんでやってくれるようだったらそのまま受ける、基本的には求めないくらいがちょうどいいと個人的には思います。

私は元風俗狂~女性に痛いセックスだと言われた

私が、なぜアダルトビデオのセックスを模倣するのをやめて、ソフトな女性目線のセックスを勉強し始めたのか?

風俗に比べてやや高

奴隷プレイになったんです

それには、ある理由と想いがありました。急にそう変わっていったわけではありません。正直最初のころは、痛い、やめてなどと言われたこともありました。
私は、最初はただの風俗依存症で酷い人生でした。常に風俗のことしか考えていない生活を送っていました。しかも私の初体験も風俗、下手、それから長い間素人童貞でした。女性と付き合いたいとずっと願っていましたが、フラれてばかりでした。21歳の時に初めて風俗でセックスをして、あまりの快感に虜になりました。以来、何年も風俗嬢に恋してフラれて、風俗嬢以外の女性にも恋してフラれてきました。風俗は恋にやぶれた私を癒してもくれましたが、ボロボロにもさせました。風俗嬢への恋は叶わないものでした。正確な数はわかりませんが、風俗で行為をした相手は500人以上ではないかと思います。その中できっと20人くらいに恋をして、そのうちの5人くらいと連絡先を交換し、5人くらいだけに恋を告白しました。中には憧れのような人もたくさんいましたし、夢中で恋してもアプローチする前に辞めていくことがほとんどでした。風俗嬢への恋は不毛でした。私も叶わぬ恋にボロボロになりましたが、相手の女性も罪悪感に苦しませる結果になりました。ちなみに風俗嬢に恋してしまうことは、やむを得ないこともありますが減威多なことではうまくいかないと認識する必要があります。
あくまで確率で言ったら風俗嬢への恋は本当に難しいです。風俗嬢は何人もから告白されているのが当たり前ですし、それにウンザリしている現状もあります。私が風俗にそこまで深く依存したことは良いことも悪いこともありました。
お金が無くなったり、何度も不毛な恋を繰り返し心をボロボロにしていったことは辛かったですが、良かったこともあります。ひとつはある風俗嬢からセックス中に痛い、やめてと言われたことでした。今となっては本当に感謝している一言です。たぶん、30~40人目くらいの風俗谷嬢だったでしょうか?私がまだ若い頃で、ガマンもかなりしつつも風俗に深い依存をして頃の話です。風俗に最初に最もハマり始めた頃の話です。
ある程度、風俗やソープに慣れてきてとりあえず腰の振り方くらいはそれなりに慣れた感じで出来るようになった頃です。ですが、当然まだまだセックスは下手でした。そんな頃、美人ソープ嬢とプレイする機会がありました。今思い出しても歴代トップ10に入る位の超美人でした。くびれたウエストとFカッブ巨乳、端整な顔立ちのアイドル顔ときめ細やかな若々しい肌が特徴的な23歳くらいの若くて愛らしい美女でした。私は良い店ばかり行っていたこともあって、感覚がマヒしていました。今となっては500人以上の風俗嬢とプレイしてきて、その中でも歴代トップ10というような信じられない美人と性行為をしていてもそしかし、の感激もそこまでありませんでした。ある意味、彼女の美貌を当たり前のように感じていました。
まだ30~40人くらいしかプレイしていない頃いかにその女性が稀有な美貌かという事を、風俗嬢ではなでしたから、かなかお目にかかれないレベルの美人だという価値を理解していませんでした。
私は雑なセックスをしました。特にAVを意識したような大袈裟な感じでペニスを挿入したりしたのです。最初ペニスを入れる時にやたら大きめの動きでセックスに慣れてきたという自覚と少し変な自挿入しました。信が出てきた頃だったのもあると思います。しかし、所詮風俗で童貞を卒業したオトコが何十人かとセックスをしただけの経験です。セックスはそのとき雑に入れようとしたペニスは、美女のヴァギナにうまく入りませんでした。下手でした。彼女は言いました。

 

クリトリスに恥骨が擦れるので援交相手を見つけ

い、痛い!ローションも仕込んであるであろう風俗嬢のアソコにすらうまく入りませんでした。今になって思うと相当雑なセックスでしたし、穴の場所すらちゃんとわからなかったのかよと思いますが、彼女はそれでもガマンしてくれていました。その時はあまり気づかなかったのですが、私が痛い事をしてもある程度はガマンしていて、かなり痛い時だけ私に痛いと言っていたようでした。その日初めて風俗嬢に痛いと言われて私はショックを受けました。
よくよく考えてみると、今まで同じくらいうまく入らなくて同じくらい痛い思いをさせていたことが何人もの風俗嬢にさせていた事を思い出しました。しかし、「今まで彼女たちは何も言わずに笑って許してくれていたけど、本当は痛いのガマンしてくれていたんだ…」と気付いたのです。私はセックスが下手なんだ、そう気づきました。思い返すと、それ以外にも痛そうにしていた女性達が思い出されました。それはおっぱいを採んでいる時だったり、クリトリスの愛撫だったりしました。
「沢山の人をガマンさせてきていたんだな…うまくなりたい」と私は思いました。私はそこで大型書店に行き、セックスを真面目に解説している本を探しました。そして、たくさんの本を買いこみました。多くはエロ本の延長のような物でしたし、著者の自慢話や実用性の少ないセックスノウハウの物でした。指入れはこう、ペニスの太さを補強するのにはこの道具、キスの舌遣いはこう!…こういったセックスマニュアルは大して役に立たないことがよくわかりました。それらのたくさんの本を読んでわかったことがありました。
それは、まず前章で私が熱く語った『アダルトビデオのセックスは見た目重視の痛いだけのもの』と言うものでした。今まで私がしていたセックスはアダルトビデオを模放していましたので、変えなくてはいけないと思いました。
そして、ソフトな愛撫の必要性を知りました。アダルトビデオとは全く違う愛撫無法を本から勉強し、練習しました。オナニーをし、自分の身体に愛撫をして試してマスターしてゆきました。最重要なことは、このソフトな愛撫だけである!と気付くことができました。同時に、早漏解消法もマスターして、ある程度挿入時間のコントロールが可能になっていました。相変わらず風俗にはドップリと依存していましたので、それらのセックスの仕方を風俗嬢やソープ嬢に試してみました。すると、明らかに風俗嬢の態度や反応が変わりました。中には新人の経験が少ない女性などは本気でオーガズムに達するケースなども出てきました。自分から本番要求(挿入なしのヘルスなどの風俗で挿入行為を女性に要求すること)しない私ですが、時には女性から挿入を求められるようにもなってきました。今までとは全く違う女性たちの反応に、これが正しいセックスなんだと思うようになりました。

風俗に慣れていないデリヘル店も出てきてこうした国際的そして、今までの女性の演技と本気のオーガズムにはこんなに大きな差があるのだと知りました。愛撫を変えるだけでこんなに女性の反応は変わるのです。そんな頃、ある大きな事件がおこりました。5.風俗嬢との交際その後わたしは、運良く美人風俗嬢と交際することになりました。風俗嬢としてお店で出会って、お互いフィーリングが合って何かお互いに感じるものがあったのでしょう。彼女との出会いは不思議でした。お店ではロリ系とのキャッチフレーズの彼女と出会ったときの印象はとても素晴らしいもので、彼女の笑顔は笑顔は弾けるような美しさでした。私もそれにつられて笑顔になると、彼女から私は褒められました。素敵な笑顔ですねと。
そこから私たちは、あっという間にキスをして、シャワーも浴びずに数分のうちに性行為がスタートします。私はなぜか彼女の名前を聞きたくなり聞いてみます。彼女はアッサリと本名を答えます。
幸子ですそれを聞いて私は古風だけどいい名前だな、と感じました。そこから言葉でも彼女を愛撫します。
「幸子さん、締麗だよ、素敵だよ…」すると彼女は目に見えて興奮してゆきました。彼女も私の名前を呼んでくれました。宏夢さん…
風俗嬢は、ときには源氏名ではなく、本名で呼ばれて愛撫されたい。そう感じている女性もいるのかも知れません。風俗嬢としての私じゃなくて、本当の私の名前を…白い肌とプルプルのみずみずしい太もも、おしり、胸…私の愛撫に彼女は存分に感じます。
色白の彼女は顔や耳までピンク色に染めてビクンビクンと不思議な動きをしてオーガズムに達します。ちょっと短い髪と可愛らしい顔立ちが薄暗い明かりに美しく照らされます。自分の思うままに触れるたびに彼女は感じまくり何度もイクのです。私もかつてなく丁寧に、愛情深く、そして情熱的に愛撫しました。そして、何度も何度もオーガズムに達しました。タイマーが鳴り、夢中で行為に没頭していた二人は風俗店という現実に戻ってきました。夢のような60分でした。終わった後に彼女から「仕事を忘れて感じた。ありがとう」と言われました。
弾ける笑顔は、今まで風俗嬢からは見たことのないような素晴らしいものでした。お互いに「時間が足りなかったね、もっともっとしたかったね」そう言いました。それが、彼女との風俗店での不思議な出会いでした。そしてその約一年後、その風俗嬢の彼女と交際することになりました。
結局お店では一度しかプレイしなかった彼女とは友達として連絡先を交換し、食事に行ったりお茶したり、メールをしたりという関係性になりました。彼女も風俗を辞めてしばらく経ったころでしたが、お互いの心に触れるタイミングがありました。そして交際がスタートし、私たちのセックスの場所は風俗店から彼女の部屋へと変わりました。初めてのセックスの夜、私はあまりに夢中になるあまりに時間を忘れました。時間が足りないと思った風俗谷店での出会いと行為を埋め合わせるかのように全力愛撫しました。想像以上のあまりに強烈なセックスでした。二人とも汗だくになってひたすら激しく求めあいました。そして、すべての愛の交換が終わったときには、朝日が窓から差し込んでいました。時計を見ると4時間ほどが経っていました。

    1. クンニはあまり好きじゃないのかな私のそれがあ心の安心立命を得て
    1. 風俗店の本を潛いていること自体がこの本の一番の意外性かもしれませんね好きな分野です
    1. しっかり働いている男の人が好き彼女はそう言

エッチなあきさんは大好きだ

丁寧に思いを伝える前戯を心がけていましたが、結果的に挿入時間のほうが長くなりました。彼女のキラキラの笑顔が差し込む朝日に輝いていて例えようもなく美しかったのです。
このセックスは当時の私の恋愛やセックスの夢をほとんど叶えてくれました。美人彼女との長時間の濃密なSEX。二時間以上の長時間挿入。素晴らしいまさに夢のような体験でした。彼女から求められる限りの長時間の挿入も彼女にすることができました。
そして、私たちはその彼女の部屋を愛の巣にして、日々強烈なセックスを繰り返す素晴らしい日々を送っていきました。
彼女の気分や体調に合わせて、挿入時間や射精までの時間をコントロールしたのは言うまでもありません。彼女との出会いは、お互いフィーリングが合ったのもありますが、私の愛撫がうまくフィットしたのが強烈な印象を残す出会いになった要因でした。店では一度しか性行為しなかったのに、友達になったり交際できたのもセックスの相性のおかげでした。そもそもソフトで女性想いのセックスをマスターしたからこそ実現したことでした。その彼女が交際中によく言っていたのですが「下手なお客さんや、男の人は本当に多い。痛いのはとても苦痛だけど私たち風俗嬢はガマンするしか他に道がない」と言っていました。そしてこうも言っていました。
「性格は好きだったり、惚れていても、セックスが痛かったり下手だったりすると別れてきた。心が繋がっていればこそ、余計辛かった。
あなたは、優しくて気持ち良くしてくれるセックスだから嬉喜しいわ。付き合いたいとか、セックスしたいと思えたのもそもそも最初の日とても気持ち良くしてくれたからだし。特に風俗のお客さんはほとんど痛くするようなAVの影響の強いセックスしかしないから…」これは、ほとんどの女性の気持ちを代弁しているように思います。とにかく、痛くしない。優しい愛撫。コレだけでも多くの男性よりも気持ち良いセックスをする上手な人だと思われて、強い印象を残すことが出来るのです。それは風俗であれ、そうでなくても同じでしょう。多くの男性はアダルトビデオを見てセックスを模倣し、乱暴で自分勝手なプレイが当たり前だと思っているのですから、そういった男性たちを凌駕することが出来るのです。
アダルトビデオのセックスの洗脳から抜け出せば、あなたのセックスの評価はぐんと変わってきます。それは、風俗谷嬢に嫌がられないプレイであり、セックスフレンドを常に生産し続けるセッ彼女を身も心も虜にし、クスです。
こうやってセックスを変えてきたのです。そして、その方法はさほど難しくはありません。ちょっとだけ、考え方とコツを学ぶだけのことなのです…私も、

日本の

セックスが世界的にどう評価されているか?

日本の性を取り巻く環境

具体的なセックスの仕方に入る前に、今の日本のセックスの現状を知ってもらいたいと思います。
ウェルビーイングサーベイによるデータです。26カ国の26、000人以上の回答を元にした、世界最大規模のセックスに関する信頼の置ける興味深い調世界最大規模の性意識·実態調査、デュレックスセクシャル査です。年間のセックス平均回数:ブラジル145回、フランス120回、アメリカ113回、タイ96回、台湾87回…日本45回セックスの満足度:ナイジェリア67%、インド61%、アメリカ52%、タイ42%、フランス38%、台湾37%…日本23%ご覧になってわかる通り、ぶっちぎりのビリです。アジア圏は欧米諸国と比べて比較的低めの数値が出ている傾向がありますが、その中でもダントツに低い水準にあります。これには色々な推測や分析ができます。ひとつにはやはり日本の経済状況や暮らしぶりがあるかも知れません。日々仕事などで忙しく時間的な余裕が少ないのは、日本という国の特長です。

風俗に比べてやや高
女子高生風俗嬢の制

風俗は月給では-くて日給であ三日行けば三日分の日給が出ている

セックスの平均回数も、週に1回、休みの日だけというイメージは平均的という気もしますし、正直忙しくてセックスできないと言うのも事実だと思います。セックスレスも多いですから、平均値では確かにこれくらいかと思います。ただ、やはり見過ごすことはできないのがセックスの満足度です。人びとの暮らしぶりが諸外国よりも忙しいのは仕方ない部分もあり、回数はなかなか増やせないでしょう。確かにやむを得ないと思います。だとしても満足度まで低いのはなぜでしょう?相手に求める水準が…日本人なら確かにもしかするとそれもあるかも知れません。
高い?性的抑圧が強い文化だから、不満や欲求をバートナーに言えずに解消できない?…もしかしたらそれもあるかも知れません。とは言え、やはり一番大きいのは『AVのセックスの洗脳』というところに行き着くと思います。
「乱暴、痛い、でもそれを言えない…」
気持ち良くない、先ほどの文化的背景とも繋がりますが、これが多くの女性の意見です。パートナーそれぞれ多くの女性がそう思っているのは事実です。による部分も大きいとは言え、少なくとも、この本で書かれているような多くの女性が求めるセックスをみんなができるようになったら、アメリカもインドもナイジェリアもぶっちぎってトップになれるのではないかと思います。日本人はそもそも、性に対して非常に資欲な民族なのです。2.なぜ日本人は性やセックスに歪んだ文化になってしまったか?そもそも、なぜ日本人はこんなに性を抑圧し、屈折した世界観になってしまったのでしょうか?それには、日本の歴史が関係しています。日本の民俗学を紐解くと、過去の日本人はかなり性に関して奔放だったと言われています。
祭りの時にはみんなテンションがあがって、奥さんも旦那さんも関係なくなってきて、村人たち皆が、だれかれかまわずセックスしまくる…乱交、現代的に言うとスワッピング…これが当たり前でした。年に一度の祭りでは村人みんなハメをはずしてセックスしまくっていました。これは特に特殊なことではなく、日本の社会全体がそういう文化だったのです。つい100年ちょっと前の江戸時代もそうでしたし、それ以前の時代もずっとそういう風習でした。祭りで童貞喪失これが一昔前の日本では当たり前の全国各地で見られた風習でした。
その風習を知る人も少なくなり…もはや過去のものとなり、歴史の闇に葬られ、ある意味無かった事にされている日本人の乱交文化ですが、これは私たちの祖先たちがずっと行ってきたことなんです。こんな乱交文化が当たり前だった日本人ですが、開国や西洋化にともなっていきなり激減しました。西洋化、近代化の合言葉の元に、西洋文化を模倣し野蛮と感じられた日本古来の乱交の風習を一気にやめましさて、
た。乱交というのは正しくありません。祭りの時に神と交わる神聖な行為でありました。そして、戦争の終戦によってこの乱交の風習はほとんどなくなったと言われています。GHQによる占領政策、3S政策によりセックスの文化をある意味解放しつつ、赤線青線地帯を廃止。サブリミナルに国民のセックスを政策をいじりながら、変な形で抑圧された現代日本人の価値観に続くムッツリスケベ的な気質はこのころほぼ完成します。