風俗に慣れていない人

フェラチオされるのは好きです

セックスのスイッチは入らないのだ
ある意味、社会のせいなのです。社会とは、実体のよくわからない抽象的な概念ですが、いろいろな思惑がからみあって存在しています。そして、最終的には依存症が生み出されるようシステムされています。より力のあるもの、よりお金のある側に都合が良いように成り立っていますのでこのようになってしまうのです。社会によって人びとは依存症になっています。
仕掛ける側、モノやサービスを売る側は積極的に依存症を作ろうとします。
そして、性欲を過剰に刺激するマーケティングをしていろいろな依存症を製造し続けるのが今の社会なのです。また、今は理解できなくてもご安心ください。この知識もいつかあなたの中で繋がる時が来ます。それは依存症から解消したときかも知れませんし、解決の糸口を見つけたと感じた瞬間かもしれません。それを見つけた瞬間からの変化は大きなものになるはずです。あっという間に依存症から回復するでしょう。この本では多面的に依存症の軽減につながるお話をしてゆきます。そして、このあとのコンテンツのどこかであなたに響くお話もあるはずです。
なぜ依存症は危険で人生を触むのか?
依存症は人生を蝕む最悪の病なぜ依存症はいけないのでしょう?あなたがこの本を買ってくださって読んでくださってるのはきっと何らかの問題があるからでしょう。そのつらさや問題点、デメリットを見にしみて感じているからかも知れません。
それと同時に依存症を辞めること依存症から回復したり軽減することの難しさも感じていることでしょうか。依存症は難しい問題です。ですが、性衝動とは無縁の快適な生活を手に入れて『ただ生きるだけで快感』という依存症から回復する方法は後ほどお話しします。
ですので、安心して読み進めて欲しいと思います。半面、それでも依存症はとても恐ろしいものだと改めて知って欲しいと思います。
依存症は人生を蝕み崩壊させる最悪の病気です。あなたは、性やセックス、もしくは風俗などの依存に苦しんでいることと思います。このまま行くと、あなたがどんな人生になるか見えます。残念ながら、依存症から脱出できない人の人生の末路は似以たようなものです。わたしの実体験としてもよくわかります。まず、人間関係の悪化と崩壊があげられます。あなたにもし彼女や奥さんがいるとして性やセックスへの依存がバレたらどうなりますか?
風俗に月何万円も使い込み、風俗嬢に沢山のプレゼントをしたり、風俗嬢の名刺のコレクションをしたり、出張とウソをついて風俗通いをしたり…これらのことが彼女や奥さんにバレたらあなたはどうなってしまうでしょうか?
もしかすると既にそうなっているかも知れません…
大切なパートナーを深く傷付けてしまう。そして、離婚裁判、慰謝料請求、別れの泥沼、精神的な疲弊…このようなことはさけられません。結婚していなくてもパートナーを深く傷付けお互いボロボロになっていくのはもはや避けられません。その後のあなたの人生に暗い影を落とすことになるでしょう。わたしも、彼女にたまには風俗に行けわたしだけに性欲が「風俗に行く度胸なんてあなたにはない」
すべて向けられるのはツラいこのようにそそのかされてつい彼女とケンカしたときに風俗に行きました。彼女は気づかないふりをしていましたが…当然私が風俗に行ったことはわかっていたようでした。
精神的に弱った時に風俗に行くかどうか試されていただけだったのです。女の勘は鋭いです。今になって思えばそれが破局の大きな原因になっていました。また、パートナーがいなくても人間関係の障害になり、苦しみを産みます。いろいろなケスがありますがまずひとつにはウソが増えます。嘘は心にダメージを与え、ストレスになります。これは科学的研究でも判明していますが特に内向的な性格の人はうそをついた時の心のダメージが大きいのです。ですのでウソはなるべく少ないに越したことはありません。ウソをついて、風俗に行く。ウソをついて、セックスをしにいく。ウソをついて、オナニーへの依存を隠す。このようなことが精神衛生上いいわけがありません。

セックステクお隣の国·韓国では現在

なにか信用できないと周りから思われるでしょうし、隠し事があることは
周囲も薄々感じるでしょう。私のように風俗への依存であれば例えば、それは顕著です。嘘に嘘を重ねて、苦しんでいました。嘘は本当に苦しく精神をジワジワと触んでいきます。風俗は、お金がかかります。過度に依存すれば、当然お金がなくなります。依存がひどければ、借金をしてしまいますがすると当然、周囲にはさらにウソが増えます。風俗通いを隠す、借金を隠す。すると周りの人たちもその周辺の話題には触れられなくなります。職場の付き合いのような浅い付き合いであれば当然でハレモノに触るような対応になってしまいます。周囲は隠し事がありそうだなと思うのです。そして、噂になります。

あいつは風俗通いをしているしかもかなりの頻度で「ストレスと欲望の捌け口にしている」そんなひそひそ話が聞こえるのです。直接言われるのよりもツラいですが直接言われたところで「風俗なんて行ったことないですよ」とウソを言うことになるだけです。わたしはギャンブルもしないのですからお金がない私を見て職場の人たちは風俗に行ったことがないのは嘘だと思うでしょう。
他人には言えず借金をしてそして、経済的にも苦しむケースも多いのです。そうして、社会的に苦しんでゆくことになりますが多くの場合それだけではすみません。心まで蝕まれ、ダメージを負います。ウソによる心のダメージもそうですが、とらわれ行動というものがあります。
このとらわれ行動は、心を依存行為に支配され日常の行動を全てその依存のためにするようになるため起こる苦しみです。アルコール依存や薬物(麻薬)への依存を考えるとわかりやすいのでしょう。アルコールや薬物が切れたら精神が不安定になる。身体に震えなどが出る。すると、なにがなんでもアルコールや薬物を手に入れようとし始める。暴力的になったり、ときには犯罪をしてもなんとしても欲求を満たそうとする。
これがとらわれ行動です。性への依存も同様で、性の欲求が満たされないと、苦しくなります。なにがなんでも性の満足を手に入れようと全ての行動を支配されるのです。あなたも経験があるかも知れません。非常に心が苦しい状態です。
そうやって先ほども言ったように借金を繰り返したり、不倫や浮気をしたり
場合によっては犯罪を犯すこともあります。こうなってしまうのは、かなり深い依存です。病的な依存ということが出来るでしょう。
「そうなんです、わかります…苦しくて」と感じたあなたはかなり依存が深くなっています。
「ここまでではないけど、なんとなくわかる」というあなたは、今から回復してゆけばここまでの苦しい状態にならずにすみます。ただ、油断すると上記のような破滅と崩壊の人生しか待っていないことを認識してください。依存症はとても恐ろしいものです。依存症による犯罪については本書では基本的に触れません。ただ、現代では特に性に関して犯罪ではない範囲ではかなり深く依存が進んでいて苦しんでいる人が多いです。それは、無料のアダルト動画に
代表されるように性的刺激がからなのですが…過剰だこれは非常に怖いことです。それはあなたの今の環境が『犯罪をしない範囲の深い依存』であればまだいいかもしれません。ですが、もし環境が変わってお金が無くなったり、無料アダルト動画が見れなくなったりすれば一気にレイプなどの性犯罪を犯す可能性すらあります。例えばですが、外国のことを考えてみましょう。

アソコが濡れてきた

ここで具体名は出しませんし日本に住んでいると忘れがちですが…社会的、経済的、もしくは宗教的な抑圧が強い文化の国でレイプが多い傾向があります。インターネットも見れない。お金がないから売春で女性を買うこともできない。そんな感じで選択肢が無ければ抑圧された性欲が向かう先はレイプー択です。
悲しい世界の一面ですがこれも考えてみれば当然かもしれません。日本では忘れがちなこの事実ですがある意味ではあなたの依存症も法律で規制されていない範囲でとどまっているだけです。
場合によっては犯罪と同等の依存で可能性すらあるのです。あるそれくらい性への依存は恐ろしいのです。ですが、いまこうやって性の依存に気づき立ち向かおうとしているあなたはきっと乗り越えられます。依存症の恐怖を認識し依存症のメカニズムを認識すれば決して恐れる必要はないのです。

依存症塗れの私が『人とはちょっと違う』アプローチをみつけるまで…私の人生をお話しします

学者、研究者の本で頭デッカチになっていた

依存症に関する本や研究者精神科医やカウンセラーがなかなか目覚ましい効果をあげることができずに世の中が依存症だらけな理由…それは、バランスの悪さがひとつの原因だと思っています。つまり、どういうことかと言えば…知識や学問的なことは知っていても実際に依存症から回復した経験がある人は少ない。ビジネスやマーケティングなどの性欲を喚起する仕組みの社会的な根本を知らない。依存症になったことがなかったり元々ストレス耐性があったりほんとうに脳の使い方が上手い人ほど説明が下手だし、知識はない。
もしくは心理学、脳科学のアプローチのどちらかに偏りすぎ。こういう研究者や医療の現場の現状があるのを私は強く感じています。
おそらく、それぞれの先生はみなさん素晴らしいのだとは思います。わたしも尊敬している先生もいます。ですが、偏ったアプローチばかりをする専門家がほとんどです。専門家であるがゆえに問題が生じています。
専門家であるがゆえにその専門分野の研究をして、結果多くの人はタイプや環境に合わないとうまくいかないのです。こういったバランスの悪さが依存症対策を難しくしているのだと思います。例えば、心理学の専門家は当然心の方面からの治療アプローチに偏りがちです。これで治ります!と本には書いてあります。ですが、果たしてどうなのかと今は思う部分もあるのです。考えるばかりで、行動が伴わなければ改善に向かうことは難しいです。いわゆる頭でっかちです。
もちろん、考え方や気持ちがしっかりすると自然に行動や実践がうまれてくるというのは正しいのです。ですが、学問的な記述や研究ばかり…もしくはいきなり臨床データや症例ばかりを羅列されても「では具体的に何をしたらいいの?」まずは何をしたらいいの?「私の場合の問題点はなんですか?」こういった疑問や質問が残ります。
少なくともわたしには心理学だけでは不十分でした。ですのでもういくつかの方面からのアプローチや学問領域の知識や行動プロセスが必要でした。学者や研究者の書いた本は具体的な行動について触れていない本が多い傾向があります。
「なるほど、わかった!でも何をすればいいの?」となりがちです。どう行動するかが重要なのにです。
学者や研究者の問題点は多くの人が机上の空論ばかりで実際の経験や体験が不足していることです。わたし自身、長らく依存症に苦しみました。最初の回復のキッカケとなったのはたしかに心理学との出会いでした。コレで治る!と思ったものの途中伸び悩む時期があり、最終的に10年ほどの長い歳月を費やしました。

巨乳娘をびちゃびちゃと舐め続けている股間ではついさっきエッチについて聞いてみ勃起するはずもない
それは、アプローチが心理学方面に偏っていたからでした。脳科学や社会を知るなどいろいろな方面からアプローチできる知識と経験を得るとトントン拍子に依存症は軽減しました。そこにはより具体的な行動アプローチが含まれていたからで、何をしたらいいかがわかってきたのです。あなたには私のように10年という無駄な時間を過ごしてほしくはありません。脳科学も非常に重要です。
食べるものや習慣を変えるだけで脳内の環境はまったく変わってきます。
ただ思い悩んで頭デッカチになっていた時期が嘘のように依存症が改善しました。誤解を恐れずに言えば…あなたの依存症も実はただの栄養失調なのかも知れません。これは極論、暴論に聞こえるでしょうか?ですが、多くの人の現代の食生活を考えるとあながち間違いではありません。今のわたしは生活自体にストレスもほとんどなく非常に快適な生活を送っています。ただ公園で『ボーっとする』だけで脳内物質の分泌がされエクスタシーに至ります。何気ない料理で感動することがあります。ちょっとした運動で笑顔になったり爽快感を感じることができます。
そして、ただ可愛い女の子と話すだけで超快感を得られるだけでなく女性の反応も良くなり、笑顔で話しかけられることが増えました。
このような変化は数か月後のあなたにもあたりまえのものになるでしょう。心理学を知ったことから始まったわたしの依存症の回復のステップですが…その後いろいろな勉強をしました。それぞれの分野の知識織ですが、つまり心理学、脳科学、ビジネス、マーケティング、世の中の仕組み、コミュニケーション、栄養学など…これらの知識はさほど深いとは言えません。
当然ながら、各分野の専門家には及びもしません。ただ、それらを浅く広く身につけ依存症の改善に結びつけていくことができました。そして、一番重要なことは…実際に依存症の地獄から這い上がり脱出した経験があることです。机上の空論ばかりの学者に騎されないようにしましょう。学者の本は話のつじつまは完壁です。
理論を完壁にすることは得意ですがそこに経験談がないときは疑ってかかってみてください。現実世界では理論通りにいかないことはたくさんあります。ときには矛盾が生じます。ですが、それが現実なのです。私自身は健康や人生を教えてくれる先生がいるので依存症からの回復のスピードが何倍にも上がったと感じています。重度の薬物依存、自殺未遂…そんな生き地獄から脱出した経験のある先生です。彼の言葉は一つ一つに重みがあります。

その気持ちを押さえきれない

終わった後には強烈な虚無感とただ、罪悪感に襲われました。ひとときの夢を買うためにただ生きるだけの生きた屍でした。そんなドン底を生き、風俗嬢として出会った彼女と交際したこともありました。
元風俗嬢の彼女とセックスしまくったのです。半同棲して料理を作って一緒に食べると彼女はとてもうれしそうにしてくれました。一緒にお酒を飲んだりカラオケしたり。公園にデートに行ったり手をつないだり…そのぬくもりにドキドキしました。ただ会話するだけで彼女は幸せそうにしてくれました。

わたしと話すだけで彼女はいつも上機嫌でした。元々美しい顔立ちの美人でしたが笑顔の美しさは格別でした。まさに幸せの絶頂でした。
そして、夜はセックスしました。夢だった美人彼女とのセックスは人生でも究極の経験だったと言えます。セックスに没頭するあまり朝まで愛し合うこともたびたびでした。そのときには、その時までに学んできたソフトタッチの愛撫と挿入時間のコントロール法を使った長時間セックスが彼女にとても喜ばれました。
彼女は何度もオーガズムに達しました。そんな幸せの時代も経て…そして今のわたしは風俗を辞め『我慢せずとも気持ちいい』という快適なくらしをしています。オナニーも過度にガマンしませんがそれでも頻度が減っていて
脳内の状態も非常にクリアです。風俗だけでなく、最近はオナニーも辞めたと言ってよいです。20日以上オナニーをしないことも当たり前になりました。いまは、心身ともに健康な暮らしをしています。その経験から思うのですが今の世の中に足りないのは…自らが依存症の苦しみを知っているそこから這い上がった経験をもつ人。
依存症回復に必要な知識をもち自らが実践している人。
社会的に依存症を産み出す全体像やプロセスを知りさらにいま現在ストレスの少ない快感生活を営んでいることこういう人だと思います。わたし自身の経験としてもすがるような思いで何人ものカウンセラーを頼みましたが、カウンセラーたちもどこかで風俗依存症という特殊な状態にどこか共感しきれていないのが
感じられました。時には軽蔑したような表情と本心が透けて見えて深く傷つきました。プロのカウンセラーですらそうなのです。風俗に深く依存するということは常人の理解を超えているのかも知れません。

彼女は私の前に現れたのだエッチ調査を見る

それは自身の経験から来るものだからでもありますし、実際に依存症から回復した真実の言葉だからです。机上の空論ばかりの学者や医者とは違います。あなたにも、依存症から回復した
先生を見つけることをオススメします。自分とよく似た経験を持っている人の言葉をよく聞くこと。それによって依存の解消のスピードは何倍にも変わっていくでしょう。何事にも言えることですがその分野の先輩を見つけるのが成功の近道です。

池袋依存症の私が選んだ風俗嬢

迷った軌跡10年ほど前の私は、狂っていました。池袋の風俗情報サイトを見ては出会う風俗嬢に、次から次へと惚れていきました。
一目惚れから、すぐセックス。そんな強烈な日々に完全にわたしは狂いました。会うたびに、強く惹かれる。また会いたくなる…その繰り返しです。しかし、風俗嬢たちはほとんどの場合何も言わずにやめていきます。心にぼっかりと空いた穴を埋めるようにまた次の風俗嬢を求めるようになってゆきました。ときには風俗嬢に告白するもフラれます。恋の純粋さに風俗嬢も一般の女性も関係ないと思っていますが、ひとに言えぬ秘密の恋だけにまた苦しみました。狂気の風俗やセックス依存症…性やオナニーヘの依存症でした。
深い依存症に苦しみ、一時は全てに絶望しました。飛び降り自殺で死を選ぼうとしました。冬のビル風が吹き荒ぶマンションの最上階に立っていました。これから飛び降りるべきはるか下の冷たい無機質なタイルを見つめました。体も震えていました。こころも、あの時の気持ちをこれからも一生忘れることはないでしょう。当時借金は100万以上の多重債務者で風俗にはすでに数百万をつぎ込んでいました。

恋愛に疲れ、常にフラれているような人生で孤独感ばかりが募ってゆきました。いつかは彼女が欲しい。そう願っていましたがなかなか叶うことはありませんでした。苦しさからカウンセラーの存在が救いになっていた時期もありました。ですが、風俗への依存は理解されない…
そう思い知らされるばかりとなりました。風俗依存症はカウンセラーには理解できませんでした。信頼できる友人に風俗への依存を告白したこともありましたがその度に無理解に苦しみました。今になって思えば他人にそこまでの多くの理解を求めた私も悪かったと反省なのですが…生きるか死ぬかの瀬戸際での苦しみに対しての答えは残酷でした。

だいたいいつも決まっていた答えは、「性欲が強いんだね、でも我慢しろよ…」「気持ちいいこといっぱいできて良かったじゃん」「俺だったら罪悪感もないし、心底楽しむよ」
少し軽蔑されたように感じ、心が傷つきました。理解や共感とは程遠い発言と答えが常に返ってきました。幼少期の親との関係の悪さから始まるコミュニケーション不全…愛を知らないこと。

池袋風俗の依存症から学んだこと
寂しさから人よりも強く誰かを求めてしまっていたこと。しかし、その強烈さゆえに人に理解されない。自分でもそのことを知っているため全ての感情を表現できずに常に気持ちを抑えていること。頭では、自分の抱える問題はわかっています。でも、誰かにも少しだけでいいから共感してわかってほしかったのです。心理学を少し知っているひとなら理解もできるでしょう。しかしこれらは、自分のこころに興味がない人には、理解できないものだったのです。私たちは風俗で、ただ性欲を解消したいわけではおそらくありません。きっとこれは、社会にも友人にもなかなか理解されない…ある意味では自傷行為です。
生きているという実感の確認でした。性行為中は没頭し、ときには究極の快楽と至高の体験をしたのも事実です。それは否定できません。


一日でどれくらいの客を取るのだろう ファッションヘルスも良かったんです